すぐにイライラしてしまう!子供に優しくできないママがやるべき、たった1つのこと

家事に子育てに仕事、毎日本当に忙しい。子供を起こして、朝食の準備、片付け、着替えさせて、自分の着替えやメイクも、ゴミ出しもしなくちゃ…朝、出社前だけでもいろんな「やること」があり、それらをこなすために逆算して早起きする毎日。常に時間に追われて焦っている。

慌ただしく過ごす中で、些細なことでイライラしてしまう。

せっかく作った朝食を子供が食べてくれず「さっさと食べなさい!」と怒鳴ってしまった。
(食欲がなかったのかも。一口食べられたことを誉めればよかった。)

子供が牛乳をこぼしてしまい、露骨に嫌な顔をしてしまった。
(私の不機嫌さが、きっと子供に伝わっちゃったな。)

子供が抱っこをせがんだのに「今忙しいから!」と抱っこしてあげなかった。
(たった数分なのに、なぜ抱っこしてあげなかったんだろう。)

妊娠中は毎日お腹に語りかけ、とにかく元気に生まれてきてくれればいいと願った可愛い大切な我が子なのに、気付いたら毎日イライラしている。

夜子供の寝顔を見ると、申し訳なさや情けなさで泣けてくる。「私、育児向いてないのかも?」明日はもっと余裕を持って、笑顔で過ごそうと思ったのに、また繰り返し。

子供に優しくしたい、いつもニコニコ笑顔のママでいたい。このままじゃダメなのはわかってる。でも、どうしたらいいのかわからない。
「こんなに可愛い我が子にイライラしてしまうなんて、私は母親失格なんじゃないか。」と落ち込むこと、ありますよね。

ですが、そんな忙しくて余裕のないママにやってほしいことが、たった1つあるのです。


「子供に優しくする」とは


「ついイライラしてしまって、子供に優しくできない」と悩むママは多いです。では、子供に優しくするとはどういうことでしょうか。
優しくするのは、甘やかすのとは違います。「子供に優しくする」とは、感情的にならずに、子供をひとりの人間として尊重すること、言葉や態度に愛情を込めて接することです。


ママがイライラして子供に優しくできない理由


ママが子供にイライラして子供に優しくできないのは、ママが頑張っているからです。子供が生まれる前から、お腹の赤ちゃんのために食事に気をつかい、つわりに耐え、生まれてからも毎日子供優先です。子供にごはんを食べさせて、ママは残り物をキッチンで食べる。子供は朝から2回着替えているけど(牛乳をこぼした)、ママはまだパジャマのまま。

「子供に優しくできない」と悩むママに足りていないものは「自分に優しくすること」なのです。

ママはもうずっと愛や優しさを子供に与え続けてきました。イライラして子供に優しくできないのは、与え続けて、優しさ貯金が無くなってきているから。十分頑張っているから「これ以上頑張れないよー!」と心が悲鳴をあげているのです。

自分に優しくして、自分を大事にして、優しさ貯金を増やしませんか?


自分に優しくすること


「自分を大切にする」ってなんだろう?急に言われても具体的に何をすれば良いかわからないですよね。

まずは、自分に時間を使ってあげてください。1日5分でもいいです。この時間は、「私の時間」と決めて自分だけの自由時間にします。何も考えずにぼんやりする、コーヒーを1杯飲んでみる、気になっていたことをスマホで調べてみる、いつもより丁寧にハンドクリームを塗ってみる。何でもいいのです。とにかくその時間は、自分のために使ってあげてください。その小さな積み重ねが、優しさ貯金として貯まっていきます。

「ただでさえ毎日時間がなくて大変なのに、自分だけの時間をつくるなんてもったいない」と感じるかもしれません。ですが、人って、自分に優しくできないと人にも優しくできないんです。自分を大事にすることは、子供を大事にすることなんですよ。

自分時間を少しでも持つと、明らかに心が軽やかになることに驚くと思います。優しさ貯金が貯まると、心に余裕が生まれ、自然と子供にも感情的にならずに優しく接することができるようになります。

自分時間を持つことの効果を実感すると、「もっと自分を大切にしたいな」と思えてくるはずです。

「私は何がしたいかな?」「どんなことが好き?」「どこへ行きたい?」「どんな服が着たい?」自分に問いかけてみてください。自分に問いかける時間を作ってあげることも自分時間ですね。
思いついたことがありますか?早速行動に移してみましょう!


まとめ


「最近すぐにイライラしてしまうな」「なんで子供に優しくできないんだろう」「もっと子供に優しくしたいのに、できていない」と悩んでいるママ。

あなたはもうすでに頑張りすぎなくらい頑張っています。
「もっと優しくしたい」と悩むのは、あなたが優しい人だから。

少しだけ、自分に目を向けて、自分に優しくしてあげましょう。自分時間を作って、優しさ貯金をしましょう。

心に余裕ができて、ママに笑顔が増えると、きっと子供もうれしいはず。
優しさの連鎖を起こしましょう!

さあ、今日から5分間、何をしようかワクワクしませんか?


当サロンでは、忙しいママが自分を大切にできるようになるためのメニューをそろえております。

公式LINEからのお問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. 第一印象で誤解されてしまう。第一印象を良くするためにまずでき…

  2. 産後太りでお悩みの方へ、体型別の着痩せポイント

  3. 目標を達成できない人が気付いていないたった1つのこと

  4. 「時間が無い」が口癖の人が手放すべき3つのこと