「時間が無い」が口癖の人が手放すべき3つのこと

毎日いろんな工夫をしているつもりだけど、時間がない。いつも時間に追われている。

毎朝早起きして、家事や育児をこなし、子供を保育園に送り届けて、始業ギリギリに出社。子供のために仕事は時短にしているから始業時間は他の同僚よりも一時間遅い、はずなのに、それでも時間がない。同僚たちは既に仕事を始めていて、何となく肩身も狭いし。

時短なので効率よく働かなくちゃ!と思うけれど、やっぱりできることには限界があって、同僚のように結果を出すには時間が足りないから、家に持ち帰り。終業時間が迫ってくると、今度は子供のお迎えの時間を気にしてそわそわ。仕事が終わると急いで保育園へお迎えに。息つく暇もなく、夕食を作り、子供に食べさせて、合間に自分も夕食を流し込む(ゆっくり食べている時間なんてない)。少し子供の遊びに付き合って、お風呂に入れて、寝かしつけ。「早く寝てくれ~!」と思いながら絵本を読んであげる。やっと寝てくれた後に待っているのは家事。夕食の食器がそのままのシンク、大量の洗濯物、明日の保育園の準備、夫のシャツにアイロンもかけなきゃな…。やることが多すぎる!本当に時間が無い!

子供と一緒に寝落ちしてしまった日は、その家事が翌日に繰り越されてしまって、さらに朝の時間が無くなる。

家事に育児に仕事、毎日大変ですよね。時間を作るために早起きしても、結局家を出るのはいつもと同じ時間、なんてことも。

特に仕事をしていると、時間が決まっているので、時間を気にして焦ってしまいます。

やらなければならないことはたくさんあるのに、うまくこなせていない。時間の使い方が下手なのかな?と自分を責めてしまうこともあります。

こんなに頑張っているのに、何でこんなに時間が無いんだろう?と疲れ果ててしまいますよね。

そんなお疲れのあなたに、手放してほしい3つのことがあります。


「時間が無い」とは

「時間が無い」とはどのような状態なのでしょうか?
時間は1日24時間全ての人に平等に与えられていますよね。

ここで「時間が無い」とは、この1日24時間のうち「自分の好きなことに使える時間が無い」ということです。つまり「時間が無い!」と嘆いている方は、「自由時間」が無いから辛いのです。
睡眠や食事の時間を除くと、サラリーマンの自由時間は90分~120分が最多なんだそうです。
育児に時間を使っているママたちはもっと少ないかもしれませんね。


「時間が無い」理由

なぜ時間(=自由時間)が無いのでしょうか?

それはずばり、やることが多すぎるからです。家事や育児や仕事に時間を使い果たしてしまって、自由時間が残っていないのです。そんなの当たり前でしょ!と思われるかもしれません。でも、この当たり前から見直しましょう。やることが多いのなら、やることを減らしましょう。

そのためには、手放すことが必要です。


「時間が無い!」自由時間確保のために手放すべき3つのこと

毎日の時間を奪っていく大量の「やること」「やらなきゃいけないこと」を減らすために、手放してほしいことを3つご紹介します。

1、完璧主義
完璧主義になっていませんか?自分では気付いていないけれど、無意識にこだわっている部分があるかもしれません。例えば仕事。時短勤務だけど通常勤務の同僚と同じような結果を出さなくては!と自分に負荷を掛けていませんか?実は同僚も上司もそこまで求めていないかもしれません。

2、執着
執着を手放すと楽になることがあります。例えばお金。食洗器を導入すれば食器洗いは圧倒的に楽に、しかも時短になります。
手で洗えるから!と思う背景には、お金への執着が隠れているかもしれません。高額な買い物は慎重に検討すべきですが、大切な時間をお金で買うという考え方もあります。

3、選択すること
人は一日に最大3万5千回の選択をしていると言われています。もちろん多くは無意識の選択ですが、意識的な選択をなるべく減らすことができれば時短に繋がるし、決断疲れを防げます。例えば服選び。「何を着よう?」「どれが似合うかな?」と考える時間が節約できれば、朝の時間に少しゆとりが生まれるかもしれません。スティーブ・ジョブズ氏が毎日同じ服を着ていたのは有名な話ですね。ジョブズ氏ほど極端でなくても、自分に似合う服が分かっていると服選びは楽になります。

急に言われてもできないよ!と思われたそこのあなた。
この3つを手放すため必要なある共通点があるのです。
それは、「自分が大切にしていることは何かを見極めること」です。
自分が大切にしていることを見極めてその中でも優先順位をつけることができたら、少しずつ手放すことができてきます。

大切にしたいことがちゃんとできているなら、全部まんべんなく完璧にこなさなくていい、大切にしたいことのために、ある程度の犠牲は受け入れよう、決断するエネルギーは大切なことの為に取っておこう。


まとめ

「時間が無い!」が口癖になっていませんか?「時間が無い」の時間の正体は自由時間なのです。

3つのことを手放して、自分に自由時間を作ってあげましょう!

そのために必要なことは「自分が大切にしていることは何か」を明確にすること。

あなたが大切にしていること、大切にしたいことは何ですか?

どれくらい大切にできていますか?

ぜひ一度考えてみてください。

当サロンでは、あなたが本当に大切にしていることって何?がわかるメニューをご用意しております。

関連記事

  1. 目標を達成できない人が気付いていないたった1つのこと

  2. 第一印象で誤解されてしまう。第一印象を良くするためにまずでき…

  3. 産後太りでお悩みの方へ、体型別の着痩せポイント

  4. すぐにイライラしてしまう!子供に優しくできないママがやるべき…